中国 回転式スリップ リング メーカー

 JINPATの電子工学Co.、株式会社

 

あなたの要求私達の代表団

ニュース

December 31, 2020

JINPATは油圧空気力の雑種伝達のためのスリップ リングを統合した

JINPATの電子工学は確立したスリップ リング会社である。年の中では、JINPATは顧客に多数の満足な解決を提供した。JINPATのR & D部の努力によっておよび専門の技術者およびエンジニア、JINPATはさまざまな種類のスリップ リング プロダクトを思い付いた。それらは異なったシリーズに分けられる。少数を除いて、JINPATのカプセルのスリップ リング示すためには、穴のスリップ リング、JINPATの別のスリップ リング、JINPATのを通したJINPATはまたさまざまな目的および適用に従って異なった種類にピン接続のスリップ リング、JINPATのパンケーキ スリップ リング、JINPATのミニチュア スリップ リングおよびJINPATのイーサネット スリップ リング、等JINPATのスリップ リング分類することができる。その上、JINPATはまた油圧/空気の回転式連合を開発する。示す高度の科学技術の設計および私達の絶妙な加工の技巧のJINPATの油圧空気の回転式連合大きい気密性をおよび漏出防止が原因で。JINPATは可能スリップ リングの大きい大きさを作り出すためにである。顧客は内部在庫のスリップ リング モデルを単に選ぶことができる。JINPATに変数の広い範囲をカバーする従って顧客のための一致させたスリップ リング プロダクトを見つけることは非常に便利であるスリップ リング モデルがある。

 

在庫スリップ リングは別として、JINPATはまた注文の、個人化されたスリップ リング解決の提供で非常にベテランである。多くの企業のエリートはJINPATの長期パートナーシップを確立した。そして私達の顧客は私達の注文の回転式伝達解決と非常に満足する。前の場合から、JINPATは油圧の、空気および力雑種伝達スリップ リングが非常に普及していることを結論する。これらの種類のスリップ リングは特定の装置および装置の非常に複雑な要求に答えることができる。


統合されたスリップ リング シリーズはJINPATの電子工学によって作り出されるすべてのスリップ リング プロダクト間の重大な役割を果している。すばらしい技術の機能および革新的な機能と、JINPATはさまざまな統合された信号回転式伝達解決を提供する。JINPATは高い発電の高圧のための複数の信号のスリップ リング、光電子工学のスリップ リング、高い/中間の頻度統合されたスリップ リング、油圧空気の統合されたスリップ リングおよび油圧空気の光電子工学の統合されたスリップ リングのような多数の統合されたスリップ リングを開発した。次の部分では、私達はJINPATの油圧空気力の統合されたスリップ リングについてのより多くの細部を説明しようと思っている。


油圧空気力のJINPATのスリップ リング モデル間の統合されたスリップ リングの基本的に2つの主要なタイプがある。最初の統合されたスリップ リングは電気スリップ リングおよび空気油圧ロータリージョイントの直接アセンブリである。もう1つはより大きい電気スリップ リングの内部の部分に独立した単位として油圧/空気のロータリージョイントを取付けることによって行う。前の親切なスリップ リングは組合せの点ではより多くの柔軟性を包含し、小さいオートメーションの電気機械装置のためにより適している。そして後の種類は重いmachineriesおよび他の特定の装置で大抵適用される。その上、後の種類はガスおよび液体を送信している間大きい流れおよび他の信号を送信できる。


よくするためにはこの統合されたスリップ リング説明されて、私達は伝導性モジュールおよび油圧/空気モジュールからこの統合されたスリップ リングを成っているスリップ リング アセンブリ呼ぶ。別のモジュールを組み立てることによって、この種類のスリップ リング アセンブリは多機能である。それはシステムのさまざまな部分の中の信号伝達を維持している間部品へドライブを提供することができる。多くはである何、スリップ リング アセンブリはまた適用のガス主導の部品のための伝達の実現を助ける。この油圧/空気力のスリップ リング アセンブリの非常に代表的なプロダクトは穴のスリップ リングLPT000-3205-048S-16Aを通ってJINPATである。JINPAT LPT000-3205-048S-16Aは3つのモジュール、即ち油圧/空気の回転式連合、電気スリップ リングおよび信号のスリップ リングから成っているある。圧縮されたガスのための16のチャネル、5A力のための32のチャネルおよび信号のための48のチャネルがある。


油圧に関しては、高い発電容量、殆んどの空気および力の統合されたスリップ リングはJINPAT LPAに大きい現在のスリップ リング シリーズである。一般的に、この種類のスリップ リングは3つのモジュール、大きい現在のモジュール、油圧/空気モジュールおよび信号モジュールから成っている。大きい現在の伝達を可能にするため、スリップ リングの容積は比較的大きい、ために重量。他のモデルは同じようなサイズおよび重量に大きい現在のモジュールに一致させるために組み込まれている。JINPATのガス、液体および力の統合された伝達を可能にする大きい現在のスリップ リングLPA000-09800-01PE-3020-04Lは典型的なモデルである。それは10,000トンの浮遊クレーンのために小型油圧空気および力の統合されたスリップ リングが1つの手によってつかむことができる間、なされ、5mの³をとる。LPA000-09800-01PE-3020-04LはJINPATによって作り出される最も大きいスリップ リング モデルの1つである。

 

他のタイプの電気光学の回転式連合との改善された組合せの油圧空気および送電のための統合されたスリップ リングがある。最近発達した高精度の電気光学のロータリージョイントは1単位にガスおよび液体伝達を統合する。360°連続的な回転の間に、それはHD-SDI (1080P@30Hz)を含む現在の混合された伝達を、ガスおよび液体およびさまざまな電気光学信号、ギガビットのイーサネット、RS422信号、回転式変圧器信号および刺激信号、等支える。90以上の回路のそのようなスリップ リングは多くの道を、大きい帯域幅特色にする、JINPATの技術を高速、anti-interference、高い信頼性および手入れ不要採用する。分野の初めの部分として知られていて、それはコンパクト デザインを用いる積み重ねられた構造によって他とそれ自身を区別する。電気光学信号およびガス/液体の360°回転伝達のためのJINPATの解決は特定の必要性に従ってカスタマイズできる。性能を拡大し、調整することによって、JINPATのスリップ リングはオートメーション装置、医療機器、工学機械類およびロボット工学のような多くの上限分野に適用されることができる。

 

統合された液体、ガスおよび力のスリップ リングはさまざまなガスおよび液体媒体を送信できる。JINPATは油圧/空気の回転式連合のintactnessを保証するために特別な密封の技術を採用する。従って、送信された媒体の漏出がない。またその間これは信号および送電を保障するために液体およびガスの漏出による妨害から自由である。JINPATのスリップ リングは高い回転精密、高い保護、低いトルクを包含する。統合されたスリップ リングは信頼できる液体、ガス、力および信号伝達の提供で安定している。それらは回転式プラットホームに、自動生産ライン、食品加工の企業および食品加工の企業、等加えることができる。

 

JINPATは油圧空気の送電のためのスリップ リングをである雑種伝達のための賢い解決統合した。JINPATはスリップ リング製造業および回転式伝達解決の専門家である。あなたの適用のより多くの解決のためのJINPATに連絡しなさい。

連絡先の詳細